DOLPHINイメージイラスト

小口径管高耐荷力式泥濃推進方法

小口径管高耐荷力方式泥土圧推進工法(一工程式・吸引排土方式)

21世紀、地球環境に優しい技術力の融合
ドルフィン工法

最小Ø2000m/m発進立坑より推進自在。

生活に大きな役割を果たしている上下水道・電気・通信ケーブル等地下埋設物のライフライン施設工事は、近年多種多様に、より複雑に変化してきています。

当然ながら狭い道・既設配管設置道・砂地・交通量の多い道路等、困難を極める厳しい条件下においても万全に対応できる施工技術が要求されております。

いまだ低迷を続ける経済状況により、公共投資の縮減が行われているなか土木工事においてもコストを縮減し、より省資源でかつ高度な工法が求められています。

この様な状況下でドルフィン工法は、コンパクトな立抗(最小Ø2000mm)から発進可能、小口径管で長距離(普通土で250m程度)及びカーブ(R=≧70m以上)推進が可能な小口径管泥濃式推進工法を研究・開発し、実用化することに成功いたしました。

現代社会のニーズにかなったドルフィン工法のコンセプトは3つ。
『極小立抗からの発進』『小口径管での長距離・カーブ推進施工』『コスト削減』です。

 
【ドルフィン工法】工法ムービー

■ 工法ムービー

ドルフィン工法の概要を動画でご覧になれます。

>>再生する
(WMV形式/26.4MB/再生時間:14分00秒)

Windows Media Player を入手する

動画をご覧いただくには「Windowsメディアプレーヤー」が必要です。
こちらからダウンロード(無料)できます。

 
 

事務局の変更のお知らせ

平成29年10月1日より事務局が下記住所に変更となりました。

住所:〒918-8014 福井県福井市花堂中1丁目13-7
TEL/FAX:0776-33-2551 E-mail:dma@dolphin-ma.com
ドルフィン工法とは 作業システムと工程 技術資料施工実績 協会名簿 見積相談 お問い合せ